効率的な見やすい看板

普段私たちの生活の中でどこにでもある看板ですが、普通過ぎては広告の内容などが伝わってきません。どうすれば分かりやすく誰でも気づくほどの印象付けができるか試行錯誤の繰り返しをしなければなりません。一度ダメだった場合には、背景に画像を入れるなり、シンプルな文章を書いたりし、広告も変えていかなければなりません。パチンコ店や都心部にある液晶ディスプレイの看板もありますが、従来のものでは場所が必要なこともあり不便な点もありましたが、液晶ディスプレイのものでは、一つで幾つもの広告を映像で展示することができます。私も看板を作れることがあるなら、デザインを考えたりしてみたいと思います。見てもらうために大事なのは、分かりやすく、いかに知ってほしい情報を知ってもらうかを書き込むのがモットーだと自分なりに解釈しています。

京都にある看板に関する条例

私は今京都にすんでいるのですが、京都にはなんと看板に関する条例というものがあります。基本的に京都という土地は観光都市であり、昔からのいわゆる古都であるため景観というものを非常に大切にします。そのため景観を損ねるような看板は規制の対象になるそうなのです。具体的には、繁華街でよく見られるようなネオンが点滅するようなタイプの看板は禁止だそうです。それどころか、なんとコンビニエンスストアの色も場所によっては色を変えなければならないそうです。初めて聞いたときはびっくりしました。それだけ京都に住んでいる人たちが、自分たちの文化を大切にしているということなのでしょう。私は京都出身ではなく結婚してからここにきたきたほうなのでそういった感情はあまりわかりませんが、自分たちの土地を愛する気持ちが京都の人たちはすごいなと思いました。

看板は重要な存在です

看板とゆうものはわれわれの生活にとってかかせないとても重要な存在です。街中にはありとあらゆる看板があります。木やプラスチックやステンレスなど材質も色々で、大きさも大中小と様々ですし色や形などもたくさんで種類が多いので用途も色々のものがあります。街にはたくさんの飲食店やホームセンターや病院などなどありますが、看板がもしもなければ一体どういうお店をやっているのかもわからないので、すごく困ってしまいます。例えばどこかへ出かけたりしたときにも「目的地まであと何キロです」とか「この先を右折です」とか案内してくれる役割のものもあるので迷わずに行けて、私たちは日々すごく助かっていると思います。普段はあまり意識せず通り過ぎていく存在ですが、お店の宣伝効果以外にも道案内のためなどの重要な役割もあるので、すごくすごく大切な存在なんだなと改めて考えさせられました。